青山シャンドン in 渋谷・青山

1月27日(日)

引き続き・・・

「ミクサージュ」を後にしたわたくしは、
そのまま青山通りをひたすら南下。

なんだかやたらに資格の勧誘がひしめく青学正門前を通過し、
右手に圧倒的な国連大学の巨大な建造物やこどもの城が
見えてきた辺りに、ありました、
本日第二のお目当ての「青山シャンドン」♪

 ■青山シャンドン
  〒150-0002 渋谷区渋谷2-9-2 マルサン青山ビル1F
  TEL 03-3400-8198
  営業時間 9:00~20:00(日曜、祝日は~19:30)

青山シャンドン_外観


昔ながらのモダンでクラシックな空気をまとう純喫茶。
ガラス越しには季節外れのクリスマス仕様のようなライト飾り。
上品で大人ムードなインテリアに一瞬ひるむ。
狭い店内では何組かのお客様が談笑されておりました。

入り口入ってすぐ左手に小さなショーケースが有り、
かわいらしい愛らしい菓の宝石たちがきらびやかにお出迎え。
思わずにんまり。

青山シャンドン_ショーケース


親切なお店の方によるオススメ情報を踏まえ、
今回購入したメニューは下記の3点。


■シャンドン Chandon 367円

青山シャンドン_シャンドン


「スフレ生地でチョコ生地をサンドし、回りに香ばしいアーモンドをまぶしました。」
と説明札より。

お店の名前を冠した当店名物のアーモンドケーキは、
一瞬「何故ここに厚揚げが?!」と思わんばかりの圧倒的存在感。

すごくやさしく、懐かしい味でした。
サンドされたバタークリームもうまく調和しています。
ほんのり甘く、しつこくなく、しかしながらどっしりとしたスフレ生地。
食べ応えあり。
さすが、当店自慢のケーキ。

■ジェノアーズ フレーズ Genoise Frase 420円

青山シャンドン_ジェノアーズフレーズ


「ふんわり、しっとりとした生地にキリッシュ酒の香り・・・」
とは、説明札より。

美味しい!
生地は卵たっぷり入っているのか生地の密度も濃くしっかり目、
でも、焼き加減は絶妙ですね。

生クリームもほんわりやさしく甘過ぎず、苺の甘酸っぱさと
うまく調和してフォークが進みます。

小さめカットなので、欲を言えばもう少々大きく・・・なんて。

■ラ マッチャ La macha 420円

青山シャンドン_ラマッチャ


「さつまいものクリームと抹茶のムースがほどよくマッチしています。」
とのこと。

これは想像していたよりもさっぱり爽やか風味でした。
重たいさつまいもと濃厚な抹茶のダブルパンチでは
甘さもしつこいのでは?と思いましたが、意外に甘さ控えめ。
軽いムースでうまくバランスが取れているんですねぇ。

前日頂いた「ドゥ・ボン・クーフゥ」の抹茶のフォンダンショコラが
ワタクシには強烈なインパクトだったので、抹茶の風味に
若干の物足りなさが残る。

いや、十分美味しいんですけど。

さて、最後は恒例の外箱チェック。

青山シャンドン_外箱


こちらも昔ながらの白基調のスタンダードタイプ。
シンプルイズベスト!
いいんです、ケーキさえ美味しければパッケージなんて!

今回こちらのお店を見つけたのは「青山」「表参道」「パティスリー」で
検索した結果、上位表示されていたためですが、

他の方のブログを拝見すると、こちらのお店は
あのパリに本店を持つ「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」の
オーナーシェフ青木定治氏が修行したお店なんだそうですねぇ。

そんな名パティスリーを生み出したこの名店。
またいつかぶらり立ち寄ってみたいです。
今度はゆったり喫茶店でティータイム。

親切に対応して下さったお店の方、アリガトウゴザイマス。
そして美味しいケーキに舌鼓を打てたことに感謝。
本日もゴチソウ様でした。合掌!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック