パティスリー・コワン in 綾瀬

2月6日(水)

ひさびさにお気に入りの「コワン」に行ってまいりました。

これまでは横着してケーキの写真だけだったので、
今回はちゃんとお店の外観の写真(ただし夕方だったので暗い)
と店内を撮影してまいりました。

まだまだ知名度がローカルどまりのコワン、貴重なショットです。

コワン_外観


店内の焼菓子も撮影。
焼菓子はまだ試した事がありませんが、
でも間違いなく美味しいでしょう。

コワン_焼菓子


ショーケースはこちら。
夕方でしたが、まだ種類は残っていました。ホッ^^

+
コワン_ショーケース


別のアングルから。

コワン_ショーケース


まちの洋菓子屋さんらしく、
言い方は失礼ながら、派手で繊細な技巧はないですが、
素朴でシンプルで王道なスタイルをまっとうに貫きつつ、
値段もリーズナブル、ボリュームもちょうどよく、
なんと言っても懐かしい味わい、口どけよく、
ついついリピートしてしまう美味しさを持ってるんですよね。

コワンは厨房とショーケースのカウンターの間に壁がない
珍しいインテリア。
目の前でシェフが大きなオープンから焼きたてのスポンジを取り出し、
生クリームを絞りフルーツをデコレーションする、
そんな貴重な製造工程を間近で拝見できる素敵なパティスリー。

通常、シェフは厨房から顔を出すことはあまりなく、
生での接点は極力ないため客との距離感が有りますが、
コワンにはそれが全く感じられません。
店内に入ると、シェフの方も気持ちよく挨拶して下さいます。
そんなちょっとした気遣いもまたリピーターを生むのでしょうね。

というわけで、
今回は特別に角田シェフを撮らせて頂きました。

コワン_角田シェフ


前置きが長くなりましたが、
今回頂いたケーキは下記の3点。

■ゴンドラ

コワン_ゴンドラ


ひさびさに頂きましたが、美味しかったです。

生クリームたっぷり、バナナが丸ごと一本ガッツリ入っていて
スポンジ生地はナボナっぽい、ちょっぴりパサッとした感じ。

とにかくボリュームがある。
食べ応え抜群!

■苺のミルフィーユ

コワン_ミルフィーユ


こちらもひさびさ。

パイ生地はちょっとしっとり、オールブランみたいな香ばしさ。
カスタードクリームはほんのりバニラビーンズ入りで、
甘過ぎず、どっしり!という感じ。
こちらも食べ応え十分。

■<バレンタイン企画>ムース・オ・ショコラ

コワン_ムース・オ・ショコラ


バレンタインにふさわしいこってりチョコレート。
デコレーションもとってもかわいらしい。
味も素朴に美味しいです。

何と言っても容器がとってもキュート。
そう、コワンで使用される器はかわいいんですよね。
こだわりを感じます。

というわけで、
今回もワタクシにとって極上のスイーツを本当にゴチソウ様でした。
大変満足、コワン最高、やっぱり止められない。

ありがとうございました。
合掌。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック