【たい焼きシリーズ001アゲイン】四谷 たいやき わかば

5月7日(金)

1週間に1度は訪れたい、
東京たい焼き御三家の雄、
「四ツ谷たいやきわかば」。

そのあんこのうまさ、
天然モノたる薄焼き皮との
絶妙な焼き加減と味

しばらく食べないと禁断症状的な、
無性に食べたい衝動で頭がとらわれ、
そんなわけで結構な頻度で訪れています

それを常に記事にしていたら
とてもキリないので
これまで記事に起こしていませんでしたが、

今回は、珍しくお団子も購入してみたので、
追加レポートです。

過去のレポートはこちら第1回第2回


 あずきだんご1本120円×3本

わかば_小豆団子


あんこはもちろん、
たい焼きにも使用されている
あの極上の小豆を
贅沢にたっぷり盛られています。

わかば_小豆団子


この照り、この輝き、
極上、特上、至上の大納言小豆です。

わかば_小豆団子


原材料には、

「上新粉、小豆、砂糖、塩、水飴、醤油(大豆)、でんぷん」と記載がありました。

あの、塩味が利いた
独特のあんこの味は、
隠し味の醤油なのでしょうか。

わかば_小豆団子


白玉部分は、
時間が少々経っていたからか、
ちょっと固めでした。

もしかすると、
すこ~し、気持ち程度に温めた方が
餅の弾力が回復して
ソフトにいただけたかもしれません。

でも、うまいには違いありませんでした
お薦めです

一応、定番のたい焼き画像もお付けいたします。

 定番のたいやき 1尾140円

わかば_たいやき


うまい。
何度食べても・・・
ホレボレ…

わかば_たいやき


一丁焼きの金型は、
通常4万円前後みたいですが、
こうしてオリジナルの刻印入り金型になると、
すごく高いんでしょうね。

わかば_たいやき


冷めても美味しいわかばたい焼きですが、
やっぱり焼き立てがイチバン!!

皮のパリッとしたところ、
やけどしそうなほど熱いあんこ、
その引き立てあう絶妙な味わいは、
焼き立て出ないとダメです。

ああ、また近いうちに行こうっと。

では、
本日も極上のスイーツを
ご馳走様でした。
合掌

たいやき わかば (たい焼き・大判焼き / 四ツ谷、四谷三丁目、曙橋)
★★★★★ 5.0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

R.Johnny
2012年01月21日 00:08
たい焼きブログ沢山拝見しました!!
わかばとても美味しそうでいきたいです!!
私も、あんことても好きなのでこのブログよんでると色んな想像が膨らみます!!
足立区の綾瀬近辺で働いているため、まずは近くの「根津のたいやき」から味わってみたいです。

千代田線の沿線ということで、たいやきではないんですが、町屋駅の綾瀬寄りの改札出て、1番か2番出口から徒歩1分のとこに「博多屋」という今川焼のちっちゃいお店があります。餡がたっぷり入っております。時に甘過ぎ?と思う日もありますが、優しい甘さしていて結構好きです^^
もしよければ、食べてみてください!
たい焼きと綾瀬近辺の美味しい情報楽しみにいつも見てます。これからもよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック