和菓子処 清野(きよの) in 蒲田

5月15日(土)

最近、
何故だかスイーツ界は半熟、とろとろりんブーム。

なんででしょう、
せちがらい不景気の世の中だから、
スイーツぐらいはせめて甘くやさしく
とろっとラクチンでいたいのでしょうか。

あご発達が遅れそう・・・

ま、どーでもいいのですが、

ずっと気になっていた半熟かすてらで、
最も知名度が高く歴史も古い、
大田区蒲田の隠れた和菓子銘店、
和菓子処 清野」へ事前予約して
受け取りに行ってまいりました

 和菓子処 清野
 〒144-0053大田区蒲田本町1-7-5
 TEL/FAX 03-3731-2320
 OPEN 9:00~19:30(~18:00日曜日)
 水曜日定休(その他不定休有)
 E-mail:info@wagashi-kiyono.com
  公式HPはこちら
  蒲田駅東口より、蒲田税務署近く、城南信金の前。駅より徒歩13分ぐらい。

和菓子処清野_外観


 パォン・デ・ローPao de lo (小)直径約15cm 1,365円

和菓子処清野_パォン・デ・ロー


HPより、
「パォン・デ・ローはポルトガルの代表的な伝統菓子で、長崎かすてぃらのルーツと言われています。16世紀のころから変わらぬ素朴な味は今も人気で、復活祭やクリスマスなど祝いの席には欠かせないお菓子です。」とのこと。

和菓子処清野_パォン・デ・ロー


(続き)
「当店では、厳選した最高の素材を使用し、本場仕込みの技術でポルトガル(オヴァール地方)の味を再現致しました。ふんわり焼き上げたカステラの中心部はとろ~りクリーム状の半生焼けタイプ。ほんのりレモンの香りが爽やかです。」とのこと。

和菓子処清野_パォン・デ・ロー


これが日本における
元祖半熟かすてら!!

お持ち帰りまで少々時間がかかったせいか、
中央の半熟部分がすこ~し固まっていました。

それでも、見ての通り、
卵の部分がトロッ。

和菓子処清野_パォン・デ・ロー


評判どおり噂どおり、
ふわっ!とろっ!で
本当に文句なしに抜群に美味しかったです。

あっ!というまに平らげました

 パスティシュ・デ・ナタ Pasteis de Nata 230円

和菓子処清野_パスティシュ・デ・ナタ


HPより、
「ポルトガルでいちばん人気のお菓子。
独特の製法で折ったパイ生地のタルトの中に生クリームたっぷりのカスタードをいれ高温でパリッと焼き上げました。日本ではエッグタルトと呼ばれたお菓子のルーツ、当店が元祖です。(エッグタルトとは似て非なるもの。製法も原材料も違います)」とのこと。

和菓子処清野_パスティシュ・デ・ナタ


(続き)
「パリッとしたパイ生地の食感が命。オーブントースターで温めなおし、シナモンを振りかけると、より一層おいしく召し上がれます。」とのこと。

こちらは要予約商品です。
その日その日のオーダーに応じて
作ったり作れなかったりするそうです。

なので、事前にちゃんと確認を。

味は、
確かにエッグタルトです。
トロ~ッとした甘目のカスタード。
「ああ、ヨーロッパのお菓子っぽいなぁ~」という感じ。
食べやすく美味しいです。


 昔たまごのどらやき 168円

和菓子処清野_昔たまごのどらやき


HPより、
「放し飼いで元気に育った鶏の有精卵「昔たまご」をたっぷり使用、洗双糖、はちみつを加え、一枚一枚ふっくらと焼き上げた皮に、一昼夜かけて炊きあげた艶やかな極上小倉あんをたっぷりはさみました。」とのこと。

和菓子処清野_昔たまごのどらやき


【原材料】砂糖、北海道産小豆、岩手産平飼い有精卵、北海道産小麦粉、国内産はちみつ、香川産和三盆糖

上記を見ても、その国内産の厳選された
こだわりの材料を使った、
だいぶ贅沢などら焼きであることは一目瞭然。

和菓子処清野_昔たまごのどらやき


生地はふわっとして、
和三盆とはちみつの優しい甘さで、
小豆はとろみ代わりと控えめですが、
確かにどこか懐かしい素朴さがある感じ。

和菓子処清野_昔たまごのどらやき


ボリュームもよろしいです

 長崎かすていら 半斤 【簡易包装】 850円

和菓子処清野_長崎かすていら


HPより、
「創業者黒田清孝が故郷長崎にて修得した伝統の技術と製法を守り、
選び抜かれた極上の素材によって作り出された逸品です。

新鮮な平飼い有精卵、国産小麦粉、和三盆糖を使用し一枚一枚じっくりと焼き上げました。
そのしっとり感は、指で押すと「ジュワッ」と音がするほどです。」とのこと。

和菓子処清野_長崎かすていら


【原材料】岩手産平飼い有精卵、砂糖、北海道産小麦粉、香川産和三盆糖、愛媛産米飴、北海道産オリゴ糖

上記の原材料を見ても、
これまた、こだわりの極上素材を使用。
美味しくないわけがない!!

和菓子処清野_長崎かすていら


ふんわりしっとり。

かつて、
天皇陛下にも献上されたという
職人技が光る、至極の逸品。

あの、美食の王様クルス様からも
お褒めのお言葉を頂いたようですね。

美味しかったです(^▽^))

ただ、しっとり加減で言ったら
もしかすると福砂屋に軍配が上がるかな・・・

最後に、パオン・デ・ローのパッケージ。

和菓子処清野_パッケージ


パオン・デ・ローの場合、
店頭まで買いに行くときは、
マイ容器を持っていくと100円引きにしてくれます。

でも微妙な大きさなので、
なかなか合うサイズの容器は
見つからなかったですけどね・・・

ああ、美味しかった
食べ過ぎて、さすがにお腹が苦しいですが、
シアワセいっぱいでした。

ひとりで切り盛りしながらも、
丁寧にワタクシの質問に答えてくだしました、
女性シェフには感謝です。

あ、もう一つのポルトガルお菓子
「ケイジャータ」は現在休止中だそうです。
再開を楽しみにしております。

それでは、極上のスイーツご馳走様でした!
合掌

和菓子処 清野 (和菓子 / 蒲田、雑色、京急蒲田)
★★★★ 4.0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック