御菓子所 ちもと in 都立大学

8月22日(日)

3度目の正直、

本日もピーカン、カンカン照り
体感温度は35度。

まさにかき氷日和

本日は頑張って、
お昼前に到着。

さすがに待機リストは締め切られていなかった。ホッ
しかし、すでに店の前では
根性我慢の行列が

12:10頃記帳、
すでに前には50人ぐらいの名前が。

それでも、
30分もすれば回転するかな、

なんて、のんきに構えて暇をつぶして
再度訪れると、

ほぼまったく動いていない
ゲゲッ!!

リストをチェックしに来た店員さんへ

「あとどれぐらいかかりそうですか?」

と尋ねると、

「2時間はかかるかと・・・」(???!!!!)

(しばし耳を疑う)

この炎天下の中、
2時間待ちは熱中症の餌食に。

というわけで、
たまたま近所にあった図書館へ避難。

ちょうど調べモノがあったので
災い転じて福となす、
転んでもタダでは起きないワタクシの人生。

・・・・

そうこうするうちに2時間経ち、

再訪してまもなく、
ようやく名前を呼ばれる。

ときすでに14:45。
最初に訪れてからすでに約3時間が経過しようとしていた。

こりゃ、ご近所でないと耐えられない
遠方からいらしているお客さんは、耐えられるのかな・・・

和菓子ちもと_店内


中へ通されて間もなく、
おそらく喫茶室の待ちリストは締め切り。

どうやら、15時ぐらいまでには
待機リストに記帳しなければいけないようです。
ご興味のある方、心して訪れてください。

中に通されてまたさらに待つこと15分。

どうにかこうにか、
ようやくたどり着きました~

 おまかせコース 1050円

和菓子ちもと_おまかせコース


高さ約25cmはあるという、
そびえたつ氷のタワー。

和菓子ちもと_おまかせコース


きれいに、
半分はホワイトの練乳がけ。
もう半分はお抹茶シロップ。

抹茶粉末に白蜜を加えたシロップということで、
安っぽい抹茶の色ではなく、
本格抹茶の味が濃厚です。

和菓子ちもと_おまかせコース


この巨大タワーの中に、
名物の八雲もちをはじめ、
7~9種類程度の和菓子が
その日その日でメニューを変えて
入っているとのこと。
(だから、おまかせ)

このアイデアは、
4年前、
店の内装を手がけた
ある建築家からのアドバイスとのこと。

和菓子ちもと_おまかせコース


本日氷の中で発見した和菓子は・・・

和菓子ちもと_おまかせコース


大きな大納言粒あん、漉し餡、水羊羹、草もち2個、栗甘露煮(半個)、わらび餅、白玉団子2個、栗鹿の子1個、八雲餅1個、葛餅、みつ豆寒天?

以上11種類。
(違うかもしれません、寒天あたりがビミョー^^;)

和菓子ちもと_おまかせコース


氷は、
並ぶ価値のある
繊細で肌理細やかな削りで新雪のよう。
口の中でフワッと溶け、
味が広がります。

幼い頃、
田舎の神社の境内で行われた
夏の納涼祭りの際に、
屋台で頂いたかき氷を思い出しました。

中の和菓子も、
ひとつひとつが上品で妥協がなく、

かき氷とはいえ、
これだけ盛りだくさんの内容なので
かなり満腹になれるメニューでした。

並んだ甲斐はありましたよ~

せっかく来たので、
八雲もちと肩を並べる代表商品の
「竹筒水羊羹」を買って帰りました♪

 竹筒羊羹 284円

和菓子ちもと_竹筒羊羹


見た目だけでこの清涼感と高級感。
すばらしい日本の粋です。

和菓子ちもと_竹筒羊羹


笹をひとつひとつ手作業で
丁寧に巻いています。

和菓子ちもと_竹筒羊羹


この画鋲(というかピック)で
竹筒の底に穴を開けます。

和菓子ちもと_竹筒羊羹


スルッ、
とはいかなかったですが、
出てきました出てきました。
水羊羹が♪♪♪

和菓子ちもと_竹筒羊羹


竹の緑と、
羊羹の紫が、
見とれるほどに美しい。
これぞ日本の美の真骨頂。

和菓子ちもと_竹筒羊羹


味わいもまた、非常に上品で
さらっとしていてみずみずしく、

きわめて、雅。風流ですね。

改めて、
並んだ甲斐がありました。

本日は図書館にも行けたし、
ワタクシ的にはかなり充実した一日でした。

極上のスイーツを堪能できました。

合掌


-------------------------

7月11日(日)

本日は、

都立大学駅周辺では
人気の1、2を争う
有名な和菓子店「ちもと」。

梅雨明け前とはいえ初夏を迎え、
そろそろ人気商品・宇治金時カキ氷が
はじまったかも、と薄々期待して、

といいながらも、
行動遅く、夕方訪問しました。

 和菓子ちもと
 東京都目黒区八雲1-4-6
 TEL 03-3718-4643
 OPEN 10:00~19:00 木曜日定休
  東横線都立大学駅より目黒通り沿い、信号渡って歩道橋下近く、徒歩3分。
  ☆All Aboutの紹介記事(2006年12月現在)が⇒こちら
  ☆ぶらり途中下車の紹介記事(おそらく2000年現在)は⇒こちら

なんと、
夕食の時間にもかかわらず、
ジメジメ雨が降っているにもかかわらず、
店の外まで行列が出来ている。

イートインはあるものの、
軽食はないハズ。
甘味処のハズ。
しかし、家族連れやカップルが続々。

その人気っぷりを目の当たりにしました。
期待感はうなぎ上り

というわけで、

本日は。
ちもと名物「八雲(やぐも)もち」を
お持ち帰りにしてみました。

 八雲(やぐも)もち 1個158円

和菓子ちもと_八雲(やぐも)もち


【原材料】
羽二重粉、卵白、カシューナッツ、黒糖、上白糖、寒天

保存期間:5日間

ちまきみたいな竹の皮の包み。

それを紐解くと、
キューブ型の茶色い餅が。

和菓子ちもと_八雲(やぐも)もち


茶色い色は黒糖の色。
中には刻みカシューナッツが贅沢に練りこまれ、

その食感は、
マシュマロとも、
ギモーヴとも、
求肥ともレンコン和菓子とも違う、

驚愕のやわらかさ!!
衝撃の口どけ感

口の中でふわっと溶けてしまう
淡雪のような、
綿菓子のような、
何とも言えないこの食感。

丁寧な仕事が凝縮されています。

和菓子ちもと_八雲(やぐも)もち


昭和40年の創業以来、
変わらぬ製法で
作られているこの八雲もち。

煮詰めた寒天に、
ミキサーで泡立てた卵白を加えた「淡雪」を
求肥に混ぜ込んでいるそうです。

なるほど、
寒天に卵白。

黒糖のコクと深みのある甘さ、
寒天と卵白の淡白さ、
カシューナッツの香ばしいコリコリ食感、

和菓子ちもと_八雲(やぐも)もち


完璧です
超超ウマイです!!

和菓子を食べて
こんなに感動的に記憶に残るうまさは、
うさぎやのどら焼きか、
たいやきわかば以来かも。

おすすめです。
これを手土産に持っていったら
絶対一目置かれる、と思いマス。

シアワセでした
極上のスイーツに乾杯!!
合掌

ちもと (和菓子 / 都立大学)
★★★★ 4.5



 最近ではこちらの本に紹介されていました。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック