【クリスマスケーキ】Rikyu(リキュウ) in 奥沢

12月25日(土)

本日は、
いよいよ待ちに待ったクリスマス

ワタクシにとって
心待ちにしていたのはあくまでクリスマスケーキ

ザンネンなことに
ワタクシに運んでくれるサンタはいないので、
自らの足で、
しかも軽くジョギングしながら
奥沢の「Rikyu」さんまで引き取りに向かいました。

自由が丘は、
まさにスイーツ激戦区

ゆえに、
クリスマスケーキもあっちこっちで見かけることになり、

いずれも甲乙つけがたい。

しかし、
頼めるのは1店。
(いくらバケモノ胃袋でも1ホールがベスト)

そして、
自由が丘スイーツ価格は、
やはり相場が高い。

なので、必然的にクリスマスケーキも価格高騰が起きる。

15cmのホールになると
軽く4,000円を超えたりするし、
ちょっと凝ったものになると5,000円は当たり前。
ロールケーキ(ブッシュドノエル)ですら、安くない。

それだけ職人の技が凝縮されているのと、
ブランドのネームバリューで
価格が上乗せされ、
ちょっとしたフレンチぐらいのお値段。

なので、
慎重に吟味しているところへ、

お手頃価格で、
かつ取りにいける距離で、
記憶に残る数少ないパティスリーの一つ、
Rikyu(リキュー)」さんに決定。

どんなに有名店でも
記憶に残るところは意外に少ない。
それは自分のテイストと若干異なるからでしょうが、

ここは、
こじんまりとメジャーではないですが、
感動したお店の一つなんですよね。

前回のレポートは⇒こちら

と、
前置きが長くなりましたが、
今回予約させていただいたケーキはこちら。

 ホワイトケーキ  3,600円

Rikyu(リキュウ)_ホワイトケーキ


HPより、
「生クリームにホワイトチョコのコクを加えたクリーム
苺を中にはさみ、ちょっとリッチなクリスマスケーキ」とのこと。

この、直径15cmのものをチョイス。
クリスマススペシャルプレゼントで、
ツリー型のオーナメントろうそくを頂きました。

Rikyu(リキュウ)_ホワイトケーキ


この、
生クリームにホワイトチョコを加えたってところに魅力を感じたのですね。
みるからに、少しベージュかかって、
コクが深そう。
食欲がみるみるわく、興味もワクワク

デザインも、
使っている素材も
いたってシンプルですが、

仕事が丁寧というか、
コクも甘さもちょうどよいし、
トッピングの苺も贅沢に使用。

Rikyu(リキュウ)_ホワイトケーキ


想定外は、
スポンジの生地が
思っていたよりも食感固めだったところ。

最近の傾向は、
生クリームと一緒に口の中でとろける
繊細生地タイプが多いのですが、

今回のスポンジ生地は、
しっかりずっしり、
エアリー感はない。

そう、
ホームメイドのケーキってこんな感じ、
という食感と味わい。

Rikyu(リキュウ)_ホワイトケーキ


何だか懐かしい味がしました。
お母さんの味、というか。
家庭のスポンジケーキの味、というか。

でも、とにかくクリームが旨いので、
固めのスポンジともよくマッチして、

スルスルと
驚くほど気持ちよく胃に収まります。

Rikyu(リキュウ)_ホワイトケーキ


はい。
半分ご馳走様。

ここで、
フォークをつけてから約10分。
ペースはゆっくり目。

Rikyu(リキュウ)_ホワイトケーキ


最後の一口。

Rikyu(リキュウ)_ホワイトケーキ


はい。
完食。
ご馳走様でした。

これで、約20分。
早いか遅いかは、さぁ、どうでしょう。

心もお腹も満腹になり、

ふと気が緩んで
うたた寝してしまいました・汗

1個約400kcalぐらいあるであろう
ショートケーキ6個分。
要するに本日の摂取カロリーは最低でも2400kcal・

カロリーも消費せず、
牛のようにゴロ寝。

明日は久々にジムに通います。
いっぱい消費してきます

極上のスイーツを心行くまで堪能できました。
今年も最高のクリスマスをありがとうございます。

ご馳走様でした。
合掌

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック