追分だんご本舗 新宿本店

7月18日(月・祝)

目白の「志むら」を後にし、

しかし、所詮かき氷は水物、
お腹が満たされるわけもなく、

次なる標的のかき氷をいただきに
今度は新宿へ。

本当は、
ひさびさに献血したくもあって、
新宿を選んだのですが、

ワタクシの意気込みとは裏腹に、
血液の濃さがまたしても足りず
あえなく却下。

ストレスか食生活か…(T T)

気を取り直して、
お目当ての「追分だんご本舗」に向かう。

しかし、新宿の街は、
どこもかしこもバーゲンセール。

そして、いつから新宿でも歩行者天国を開始したのか。

東口アルタ前から新宿伊勢丹まで
車は通行止め、
秋葉原もホコ天再開したというし、
いい傾向ですね。やはり便利だし。

そして、
ようやく、伊勢丹を過ぎたあたりで、
見慣れた店構え発見。

 追分だんご本舗 新宿本店
 東京都新宿区新宿3-1-22
 TEL 03-3351-0101
 OPEN 10:00~20:30(販売)
     11:00~19:00(喫茶店/L.O. 18:30)
     11:00~20:00(土日祝/L.O. 19:30)
  公式サイトは⇒こちら
  JR新宿駅東口より、新宿通り(アルタ前の大通り)を直進、新宿伊勢丹・丸井のある大交差点を渡って、右の道沿い。駅より徒歩13分ぐらい。都営新宿線新宿三丁目駅C1出口よりすぐ。徒歩1分。

一見わかりにくいですが、
店頭奥に喫茶室入口があります。

老舗なだけあり、
従業員の方々の年齢層が高い。
どこか品も感じられる。

ウエイトレスさんも皆、
オバ様おねえさま。

キビキビキョロキョロと
絶えずあったかいお茶をついで回る。

さて、
やはりいずれも若干高めの価格設定ですが、

ここまで来たので、
ちょっと奮発して
宇治抹茶に小倉アイスのトッピングしてオーダー。

 宇治金時 1100円+小倉アイス200円をトッピング =1300円

追分だんご本舗_宇治金時


やはりかき氷は宇治金時♪
おもわず、笑顔がほころぶ。

そして、
一口含んで、驚いた。
驚くほどのきめ細かい真綿のような氷の雪。

明らかに、
「志むら」の氷を上回っています。

追分だんご本舗_宇治金時


スプーンがスッと氷山に入り、
歯ごたえもあまりキシキシしない。

口の中でスゥッと溶けて行きます。

幼い頃、田舎の夏の縁日で食べた
あのかき氷にとてもよく似ている。

追分だんご本舗_宇治金時


ほっこり炊かれた小豆の絶妙な甘さは、
さすが全国に支店を構えるだけの屈指の名店、

ギリギリのバランスで、
甘ったる過ぎないあんこに仕上がっている。

嬉しいのは、
氷の下にも小倉あんが忍ばせてあって、

最後まで美味しい小倉と一緒に
氷を楽しめるところ。

「あともう少し、シロップが欲しかった…」という
残念な気持ちにさせない。

小豆アイスも然り、
小豆の味が濃厚で、やはりうまい。

そして、
冷える店内、ひんやりスイーツで、
出される飲み物は、
あったかいお茶であったところ。

さきほどの「志むら」よりも、
結果500円高いですが、

その価値はあったかな、と、
思わず納得の夏の風物詩でした。

ただ、追分だんごの代名詞でもある、
白玉だんごをトッピングに加えなかったのは、
少々後悔するところ。

とにもかくにも、
極上の涼味菓子を頂けて
本日は新宿まで来た甲斐がありました。

ご馳走様でした。
合掌

追分だんご本舗 新宿本店甘味処 / 新宿三丁目駅新宿駅新宿御苑前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック